同行援護支援従事者研修一般・応用課程受付開始

皆様、大変お待たせしました。

 

福祉用具専門相談員指定講習会に続いて、同行援護従事者研修一般・応用課程の受付近日中に開始いたします。

 

同行援護従事者とは?

以前、ガイドヘルパーや移動介護従事者と言われていた資格に相当します。

現在は、法改正により視覚障がい者への移動に伴う介護は、同行援護従事者という資格保持者により実施されます。

 

日程は?

通常は一般課程(初めてこの仕事に就く予定の方)、応用課程(サービス提供責任者になれます)の2つの課程に分かれます。

弊社は、一体的に知識や技術を習得していただきたいため、一般課程と応用課程をセットで受講していただきます。

その分、通常5日間かかるところを4日間に短縮しております。

 

募集予定

 

1月16日水曜開講(毎週水曜日)

2月6日水曜修了 合計4日間

 

受講時間:9時~18時20分

 

受講料:一般・応用課程セットで42,000円(税込・テキスト代込)

*実習で地下鉄と西鉄バスの両方に実際に乗車訓練をします。

その際の代金及び、食事介助体験費(500円)は実費とします。

 

会場:エイドケアカレッジ博多校

 

日本最短日程となる4日間で公的資格である同行援護従事者応用課程修了書を発行します。

一人でも多くの方が視覚障がい者の方の支援に興味とその業界で働ける資格をすぐにとれるようできるだけの援助をいたします。 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。